スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワポ作成虎の巻 その1

こんばんは。

匿名コンサルタントです。


今日は「パワポ作成虎の巻」という事で、コンサルタントが避けて通れないパワーポイント作成術について話をします。

パワーポイントはコンサルタントにとって、欠かせない武器の一つです。

今、事業会社にいる方やSEの方はパワーポイントを作成した経験のある方は少ないかもしれません。

しかし、コンサルタントの仕事はパワーポイント無しには語れません。

このパワーポイントを如何に素晴らしく仕上げるかで、コンサルタントとしての価値が決まると言っても過言ではないでしょう。

コンサルタントにとってパワーポイントとは、自らの提案を表現するツールであり、唯一のアウトプットと考えたほうがいいと思います。

そのため、優秀なコンサルタントほどパワーポイント作成に情熱を傾けているのです。


では、パワーポイントで何か資料を作るとき、私達は何を意識すればいいのでしょうか?

始めに、ビギナーが一番陥りやすい傾向を紹介しておきます。

1.何を言いたいのか分からない。
2.ストーリーが破綻している。
3.相手が知りたい事ではなく、自分の知っている事を書いてしまっている。
4.書き方が非効率
5.表現が月並み

あなたのパワーポイントは大丈夫ですか?


コンサルタントがパワーポイントを書くとき、まず意識すべきことは、

「このパワーポイントで何を伝えたいのか。」

について、書き始める前に徹底的に考え抜かれているかという事です。

これはとても重要です。

考えが纏まっていない時に、何となく書き始めると私の経験上100%失敗します。

・自分は誰に何を伝えようとしているのか?
・そのストーリーは筋道が通っていて、ロジカルな内容になっているか?
・WHY? を繰り返し繰り返し自問し、読み手の立場に立った深い洞察が与えられているのか?

などを、これでもか、というレベルまで考えます。

書き始める前のこのプロセスこそ、コンサルタントが価値を創造している瞬間であると、私は思います。

徹底的に考え抜かれた状態になって初めて、パワーポイントに文字を打ち始めるのです。

もう一つ、パワーポイントを書く上で欠かせない意識があります。

「パワーポイント上のスライドや表現は、どの1つも無駄なものがあってはいけない。」

無駄なスライドや表現は徹底的に省く必要があります。

そうでないと、本当に相手に伝えたい事がぼやけてしまうのです。

自分に自信がないと、あれもこれもと不必要な情報を盛り込みがちなのですが、それをぐっとこらえてずばり本質のみに焦点を絞り資料を作成するようにしてください。

どんなにすばらしいスライドが1枚混ざっていたとしても、無駄な情報に埋もれていたのでは、相手の心の奥底に響かせる事はできないのです。

この点は、セールス用スライドの作成時に特に重要になってきます。
セールスの話を書くときに改めて話をしようと思います。

◆最後に
パワポ作成のコツを纏めましたのでメルマガでご確認ください!

2009.8.18 匿名コンサルタント

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

匿名コンサルタント

Author:匿名コンサルタント
私は、現在社会人5年目で外資系の某コンサルファームに所属しています。
現在は、某IT企業にて事業改革の推進に関するお手伝いをしています。

職業柄、コンサルタントとしては当然ではございますが、様々な問題に直面します。

そこでこのブログでは、私がコンサルタントとして毎日業務を遂行していく中で、日々考えさせられる、「コンサルタントとして仕事をしていく上での大切な価値観」をテーマに情報を発信し、一人でも多くの読者の方と意見を交換したいと考えています。

どうぞ率直な意見やアドバイスを頂ければと思います。
宜しくお願いします。

PS メルマガも発行してます。興味のある方は登録お願いします!

2009.8.10 匿名コンサルタント

メルマガ登録はこちら!
メルマガ登録・解除
コンサルタントの
価値観
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。